HOME » 大学受験生の悩みに答えるQ&A

大学受験生の悩みに答えるQ&A

ここでは、大学受験に関するよくあるお悩みについて取り上げてみました。参考までにぜひご覧下さい。

Q.大学受験の準備はいつから始めればいいの?

A.難関大学を目指す場合、高校1年生の段階で受験を意識して勉強することが理想です。難関校希望でない人も、高校2年生の夏からは本格的な受験勉強をはじめましょう。

この段階では学校の授業は全ての履修内容を終えてはいませんが、暗記科目である古文・歴史・地理などであればある程度自力で終わらせてしまえるので、まずは暗記科目の勉強から片付けてしまうのも一つの手段です。

また、主要教科(英数国)は、高校2年生の夏休みに中学~高校1年生までの学習を復習しておきましょう。

大学受験のための勉強をはじめるのは、早ければ早いほど有利であることは間違いありません。

Q.予備校や塾の選び方は?

A.受験対策に予備校や塾へ行く方は多いでしょう。どちらにもメリット・デメリットはあるのですが、自分の学力や性格にあったところを選ぶのが一番です。

大手予備校の良さは、

  • 講師陣が豪華で授業が分かりやすい
  • 難関校用の対策が得意
  • 大勢で受ける授業のため競争心がわく(人によってはモチベーション・勉強効率アップ)

個別指導塾・個人塾の良さは、

  • 自分の力に合ったカリキュラムを組んでくれる
  • 基礎力がしっかり身につく
  • 自分のペースで進められるので集中できる(人によってはモチベーション・勉強効率アップ)

などの特徴があります。高校1、2年の段階で、気になる予備校・塾の短期講習や公開模試に参加し、その学校と自分の相性を見極めるのがおすすめです。

Q.部活が忙しくて勉強時間があまりとれません

A.部活動に力を入れている生徒さんは、なかなか受験勉強まで手が回らない…ということも多いようです。

1番が部活・2番が勉強でももちろん構わないのですが、それ以外の時間を削る努力はやはり必要になるでしょう。

通学時間・休み時間などのちょっとしたスキマ時間をうまく活用して暗記ものを覚える、家で音楽を聴く時間をそのまま英語のCDを聴く時間にあてるなど、工夫をすれば毎日コツコツ勉強を続けることは可能です。

そして、高校3年生の夏頃からは受験勉強を最重要事項として身を入れることをおすすめします。

Q.がんばっているのに点数が上がりません

A.毎日しっかり勉強時間をとっているのに、なかなか点数が上がらない…そんな人は基礎固めが十分でない可能性があります。どの教科にも言えることですが、基礎が固まっていないとどんなに勉強に時間を費やしても志望校に合格する力は身につきません。

場合によっては中学レベルの基礎まで戻って勉強する必要があることもあります。(これをおろそかにする人が意外と多い)

苦手科目がある人は、先ずは基礎を徹底的に頭に定着させるところからはじめましょう。できるだけわかりやすい解説のある参考書、基礎固めのための薄めの問題集で繰り返し勉強しましょう。

Q.受験勉強のモチベーションの保ち方は?

A.簡単な方法としては、行きたい大学の大学案内を読むのがおすすめです。「来年はここの大学生になっている」「こんな学生生活を送りたい」といったイメージを膨らませることで「絶対合格するぞ」というモチベーションを保つことに役立つからです。

また、一人で勉強するのが苦手な人は、予備校や塾へ通って勉強仲間を作るのもいいでしょう。一緒に頑張る仲間がいると「自分も負けないように頑張ろう」と思えますし、励まし合って勉強できる点も予備校に通うメリットの一つです。

Q.家で集中して勉強するコツは?

A.家の中はテレビや漫画などの誘惑が多く、勉強になかなか集中できないという人も多いことでしょう。

そのような人は、20~30分程度の短時間だけ集中して勉強する、ということを何度も繰り返し行う方法にチャレンジしてみて下さい。

また、「この長文のこの部分の単語の意味だけを調べる」「1ページ分だけやる」とあらかじめやることを決めて取り掛かると時間を有効に使えます。

勉強のやり方は色々ありますが、長時間ダラダラ勉強するよりも短時間集中・繰り返し型の勉強のほうが効率もよくなりおすすめです。

あなたに合った勉強法・塾が分かる診断テストはこちら

PAGETOP