HOME » 英語学習が大学合格のカギとなる理由 » 【番外】英語は就職にも役立つ

【番外】英語は就職にも役立つ

ここでは、受験期に英語を学ぶことでその後の就職・転職場面でも役立つことを説明します。

企業は英語が話せる人を求めている

英語は受験の時だけしか役に立たない…というものではありません。企業で働く社会人ならみなさんご存じの通り、就職や転職の場面でも「英語が話せる・理解できる」、ということはプラスに働きます。

現在、多くの日本企業が海外進出をしていることを考えれば、世界共通言語である英語を身につけておくことの重要性も容易に理解できますね。

グローバルに活躍する企業の中には、英文メール・ファックスのやりとり、文書の読解・作成、海外拠点との打ち合わせなど、日々の業務をこなすためにも英語が必須であるところが増えてきました。ハイレベルなところになると、英語でのビジネス交渉を行う場面も出てきます。

実際、日本企業はどんどん英語を話せる人の採用を増やしているようです。

仕事をする上でコミュニケーションをとることは不可欠ですから、どんな国の人とでも意思疎通ができる言語(=英語)が話せる・理解できる、ということはグローバル社会で生きていく上では重要度が高いです。

「将来英語を使った仕事につきたい」「海外駐在したい」という方はもちろん、将来どのような仕事に就きたいのかはまだわからない…という人も、基本的な英語力を身につけておくことで、就職先の選択肢や社会人になってからの活躍の場を広げることができます

もちろん、世の中にはいろいろな仕事があるので、必ずしも英語が話せることが社会人の必須条件ではありませんが、ある程度の英語力が備わっていると就職で有利になることが多いのは確かです。

受験英語の勉強は決して“受験時しか役に立たないもの”ではないのです。

受験英語は、将来英語を話せるようになるための第一歩

英語を話せるようになるためには、まずは基本の英単語・英熟語・文法・発音・アクセント・読解力が当然必要です。

受験英語は中学校から高校で学ぶ英語学習の集大成ですが、この大学受験期の総復習でしっかり英語の基礎力を身につけてしまえば、将来英語を使ってコミュニケーションをとる必要に迫られたとしても、それほど苦労することはないと思います。

特に、センター試験では基礎的な英語力を問われる問題が多いので、英語力の基礎固めにはもってこいです。

社会人になってからあわてて英語の基礎を勉強し直すのではなく、10代のうちにある程度の英語力をつけておくほうが後々楽になります。

英語の基礎がしっかり身に付けられるおすすめ英語塾はこちら

英語塾での勉強はTOEICやTOEFL受験にも役立つ!

世界の共通言語が英語である以上、英語は世界で一番「使える」コミュニケーションツールです。英語ができると、英語を利用する世界中の人とコミュニケーションを取れるようになります。英語力があれば、海外の新聞なども読めるようになるので、情報収集能力が高まり、受験や就職の可能性も一気に広がるのです。もちろん、英語ができるだけでもダメですが、少なくとも英語ができて損をすることはありません。

そんな英語力を客観的に証明できるのが、TOEICやTOEFLといった英語力を試す試験です。TOEICやTOEFLで高得点を取ることができれば、大学受験や就職活動でも有利に立ち回ることができます。

ただ、本当に英語塾での勉強が、TOEICやTOEFLで高得点を取得するために有利に働くのか、TOEICやTOEFLが受験や就職、その先の将来に役立つのか分からないと本気で勉強に打ち込めませんよね。

そこで、TOEICやTOEFLで高得点を取るために必要な能力やこれらの資格が受験や就職でどう評価されるのかを説明していきます。

TOEICで高得点を取るために必要な能力

TOEICは、英語がネイティブでない人のための試験です。テスト内容は、リスニングとリーディングの組み合わせで、試験時間は全部で2時間。主に英語を読む力と聞き取る力を測定するテストになっています。

短時間で、どれだけ多くの英語を正確に聞き、長文を読んで理解できるかを調べるテストなので、基本的な単語力や文法の理解度が試されるのです。

TOEICで高得点を取るためには、英語の基礎をしっかりと身につけている必要があります。基礎の習得には時間がかかるため、若いうちから英語塾で勉強していると、高得点を取りやすいです。

TOEFLで高得点を取るために必要な能力

TOEFLも英語がネイティブでない人のための試験となります。ただ、英語を読む力と聞き取る力だけでなく、書く力、話す力を調べるテストでもあるのがTOEICとの大きな違いです。

試験時間もTOEICより長く、4時間半ほどかかります。英語圏の大学に留学して、現地で勉強したいという人の英語力をチェックするための試験なので、TOEICに比べると難易度も高いです。

高得点を取るためには、ネイティブの会話を正しく理解できる聞き取り能力や英文を読んで理解する能力以外に、英語の会話力も求められます。なにより、スムーズに英語を話したり書いたりできるようになるためには、慣れが必要です。

若いうちから英語塾に通って、英語に触れる機会と時間を増やしていれば、そのぶん試験でも有利になります。もちろん、英語塾で学ぶ英語の基礎も高得点を取るためには必須です。

「英語力の証明」を持っている人は就活や将来のビジネスにも有利

TOEICやTOEFLは、大学受験や就職活動、転職活動、入社後の仕事にも役立ちます。

TOEICで高得点を取るということは、英語の基礎ができているということです。語学の基礎は、継続的な学習で身につくものなので、TOEICは、英語力と同時に「努力をする能力がある」ことの証明にもなります。大学受験の面接や英語を使わない企業への就職でも評価されるのです。

一方、TOEFLはストレートに「英語ができる」ことの証明になります。外資系企業や海外出張が多い企業への就職だけでなく、実際の仕事にも役立つ資格です。

なにより、TOEICやTOEFLを受験していると、履歴書や志望理由書の資格欄がひとつ埋まります。同じ英語ができる人でも資格を持っていない人より資格がある人のほうが書類選考でも有利です。

英語力を育てることは情報収集力や情報発信力の強化にもつながる

10代のうちから英語塾に通って英語力を鍛えることは、たとえ英語と関係のない仕事に就く場合にも役立ちます。英語ができると英語で書かれた本、インターネットサイト、論文や海外のニュースといったさまざまな情報源にアクセスできるからです。

海外の最新事情や最新技術について、いち早く勉強してスキルアップできることや英語で情報発信をして海外の人と友達になるなど自分自身の可能性も広がります。自分の人生を広げるためにも若いうちから英語の勉強をはじめることが大切です。

PAGETOP