HOME » 英語学習が大学合格のカギとなる理由 » 理由3:基本がわかれば点をとれる

理由3:基本がわかれば点をとれる

ここでは、大学受験のための英語の勉強法についてアドバイスしています。英語で確実に得点するためには、まずは基礎固めからはじめましょう。

まずは英語の基本:文法・単語を覚えること

受験英語を勉強する時は、まずは英文法と単語をしっかり覚えるところからはじめましょう。

特に、センター英語は長文読解の配点が非常に高い傾向にあるのですが、この英語の長文を読むためには語彙力が必要になります。

センター英語の長文は難易度としてはそれほど高くはないので、基本的な英文法や英単語をマスターしてしまえば、長文読解はそれほど難しくはないのです。

基本的な英単語を身につけるためには、参考書を1~2冊やりこめば実は十分と言われています(センター英語レベル…3000~4000語・難関大レベル…6000語)。無理をして分厚い参考書や問題集を選ぶ必要はないので、受験英語の単語・熟語を網羅している基礎固めのための参考書を選ぶのがおすすめです。

とにかく、先ずは“基本”を抑えることが最重要。

基礎力がないのに、いきなり早慶レベルの参考書を使って勉強するのはあまりおすすめできません。(難しすぎるとモチベーションが続かないため)

ある程度、基本の英単語や文法を覚えたところで、志望校の過去問の長文読解にチャレンジするのが良いと思います。

リスニング対策について

リスニング対策は、英単語を覚える時に必ず音声を聞いてリピートすることが効果的です。

ある程度英単語を覚えてからリスニング対策…という方法ではなく、英単語を覚える時に正しい発音もしっかり身につけるクセをつけることが肝心です。

特に大切なのは、中学で学ぶ基本的な英単語・熟語です。意外に思うかもしれませんが、リスニング試験では中学英単語・熟語が多数出てくるからです。

つまり、基本的な英単語一つ一つの発音・アクセントを完璧に覚えること、自分でも正しく発音できるようにしておくことが第一歩になるのです。

こういった基本的な英語力を固めるためには、大人数で授業を行う大手予備校では実は難しい場合が多いです。

というのも、予備校では難関校を目指す生徒のためのカリキュラムが組まれることがほとんどのため、“英語の基礎はすでにできている”、という前提で授業が進められているからです。

英語の基礎からしっかり身につけたい、という場合は、個人指導に力を入れている塾や英語の専門塾を選ぶほうがおすすめです。自分のペースや力にあった教材を使ってくれるので、着実に英語の基礎力を上げることができます。

個人指導に力を入れているおすすめの英語塾はこちら

PAGETOP