HOME » 英語学習が大学合格のカギとなる理由

英語学習が大学合格のカギとなる理由

このカテゴリでは、英語の学習がなぜ大学受験に必要なのかを考えてみたいと思います。

「日本の大学に入るのに、なぜ英語が必要なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の日本の大学入試では英語こそが合否を左右するキー教科となっているので、大学へ進学することを決めた瞬間から英語対策をすることが重要なのです。

受験で英語が重要と言われる理由は次の通りです。

理由1:センター試験の配点が最も高い科目である

数学や国語など、他の科目よりも英語は配点が大きくなっています。各教科の配点やセンター英語の出題分野などを載せておきました。英語の勉強にイマイチ身が入らないという人も、この配点を見ればやる気が出るかもしれません。

理由2:大学受験において、もっとも出題される試験科目である

どんな大学・学部へ行くとしても英語が必要な理由を紹介しています。ですが、逆に考えれば英語さえ得意にしてしまえば、出願できる大学が増えるということでもあります。

理由3:基本をつかめば高得点が狙える

日本人の多くは英語を苦手としていますが、英語の基礎部分(中学で学ぶ範囲)さえしっかり理解しておけば、多くの問題は解けるとも言われています。英語の勉強のポイントについても触れておいたので、参考にしていただければと思います。

【番外】就職にも役立つ英語

大学受験のためだけに英語を勉強する、と考えると英語の勉強はつまらないものに感じてしまうかもしれません。ですが、その他の教科と違って英語は大学に入った後や社会人になってからも役立つ教科です。

受験期に英語の基礎力を身につけておくことのメリットをまとめてみましたので、ご一読いただけると嬉しいです。英語は受験時にしか役に立たない学問ではない、ということをわかっていただけると思います。

PAGETOP