HOME » 点数があがる東京の英語塾まとめ

点数があがる東京の英語塾まとめ

このカテゴリでは、東京にある評判の良い英語専門塾について詳しくリサーチしてみました。

数ある英語塾の中から、実績があり安心して通える8つのスクールを厳選したので、東京で英語塾をお探しの方は是非ご覧ください。

 

トリプレットイングリッシュスクール

英語を一から徹底的に学びたい方におすすめの英語塾。教科書に沿った内容で学べるので、学校での成績がアップすることはもちろん、短期間で英語の基礎を学びなおせるので、中学1年生レベルから大学受験レベルまで英語力を一気に引き上げたい人にも向いています。

すでに満員の教室も多く、人気度はかなり高いです。

平岡塾

難易度の高い授業を受けたい人に人気の平岡塾。塾の卒業生の東大合格率は80%以上という驚異の数字です。

受験テクニックに頼らずに実力をつけるという学習法のため、受験英語ではない本物の英語力を身につけることができます。いわゆる“一流”と言われる大学への進学希望者におすすめです。

池田英語塾

東京吉祥寺にある受験生のための英語専門塾です。長文読解のスピードが4倍以上にアップする独自手法を学べるので、長文読解が嫌い・苦手、という生徒さんにおすすめ。スラッシュリーディングで英語を読むには正確に文章を区切れることが大前提となりますが、この塾では正確な場所にスラッシュが引けるように指導してもらえます。

吉田塾

少人数クラスor個別指導の形式を選べる英語塾です。一人一人の理解度に合わせて教材選び・学習のやり方を考えてもらえるので、生徒がきちんと理解しながら英語を学ぶことができます。大手予備校ではなかなか成績が上がらない生徒でも、この塾に来てから成績が伸びた、という声も多数見られました。親身な指導が人気のポイントです。

武蔵ゼミナール

英語を日本語訳して読むのではなく、英文のまま理解するという「直読直解法」という独自のメソッド(同時通訳の原理を応用)を提案している英語専門塾です。授業ではCNNニュース・リーディングを使用するので、英語ニュースも楽々聞こえるようになり、入試のリスニング問題でも点数アップが狙えます。

読めるだけでなく、聞こえる・話せる英語力を身につけたい人におすすめです。

東京英語塾

とにかく「音読」を徹底的に行う英語専門塾です。その結果、単語や発音、アクセントなどの英語の基礎部分をしっかりと体で覚えることができます。このような形で身につけた英語力はちょっとやそっとでは揺るがないので、入試だけでなく一生使える英語力として役立ってくれるでしょう。学費がリーズナブルな点も良心的です。

LACOMS英語専門予備校

英語の基礎をしっかり学べる英語専門塾です。ラムコスでは、一貫したレベル別授業を提供しているので、

今の自分の学力レベルにピッタリ合ったクラスで学べます。文法・語彙コースと会話・発音コースの2パターンがあるので、自分の苦手な部分を選んで強化したいという人におすすめです。

プログレスアカデミー英語塾

東京・恵比寿にある英語の専門塾。一人一人の長所を伸ばす指導をモットーとしているので、生徒のやる気を維持しながら教えてもらえるところが人気のポイントです。こちらの塾も「音読」に力を入れているので、リスニング試験対策にも◎。なお、英検準会場資格登録校となっているので、こちらの学校内で英検受験も可能です。

東京都内の失敗しない英語塾の選び方のポイント5つ

東京都内には数多くの英語塾があり、その中からどこを選ぶか非常に迷うところだと思います。英語塾は選び方を失敗すると、「せっかく通ってもたいして身にならなかった……」なんてことにもなりかねません。

そこで、ここでは失敗しない英語塾の選び方のポイントを5つご紹介いたします。

ポイント1 生徒の目的に合った英語塾かどうか

英話を習うことで最終的に何をしたいのか、という点が英語塾選びではとても重要になってきます。

例えば、人から「ここの英語塾がおすすめ」と言われても、生徒によって英語を習う目的が違います。ある生徒の目的には合っていても、別の生徒の目的までも達成できるとは限りません。

ネイティブとの会話力を身につけたいのか、英検を取得したいのか、文法の基礎を固めたいのか、あるいは志望校に合格したいのか。 英語塾のカリキュラムが目的に合っているかどうか考える必要があります。

ポイント2 生徒の目的に合った講師かどうか

英語塾に通う目的には大きく分けて二つあります。

一つは、読み書きなど文法を理解すること。そしてもう一つは英会話の上達です。英会話の上達を目標にしているのであればネイティブの講師が理想的だといいますが、ネイティブの講師であっても教え方が下手では意味がありません。

どんな講師が在籍しているのか、体験レッスンなどに参加して確かめてみると良いです。

また、担任制と選択制のどちらを選ぶかも大切なポイントといえます。

長所や短所に応じたレッスンができるのは担任制ならではの強みといえます。選択制はネイティブの講師中心の英語塾に多く学べる内容も豊富ですが、行くたびに講師が変わるようでは精神的に疲れてしまうでしょう。

ポイント3 学びやすい雰囲気かどうか

英語や英会話の上達には、学ぶ環境が大きく関係してくるといいます。

学びやすいと感じる環境にも個人差がありますから、それぞれの英語塾がどのような教え方を実践しているのか予め知っておくべきだといえるでしょう。

例えば、マンツーマンとグループレッスンではそれぞれメリットやデメリットが異なります。

自分のペースを大事にするのであれば前者を、他の生徒とコミュニケーションを計りながら学ぶのであれば後者を選択するといった方法も一例です。

ポイント4 受講スケジュールに無理がないかどうか

英語塾にはレッスンの形態によって「固定制」と「予約制」とがあります。

固定制は決められた日時(毎週~曜日の~時)に行われるのが基本となり、受講日の変更ができません。

一方、予約制は自分のスケジュールに合わせて受講日を決めることができますが、毎回予約を入れる必要があります。他に習い事などをしていなければ固定制で十分だと思いますが、スケジュールの調整が厳しいという場合は、予約制の方が確実に受講できるといえます。

ポイント5 月謝は相場の範囲内かどうか

英語塾は定価が決まっているものではありませんから、塾によって当然違いがあります。しかし、相場というものが存在します。大体月に1万円~1万5000円くらいだといいます。

相場よりも大幅に安かったり高かったりする場合は注意が必要かもしれません。安いからダメ、高いから良いというわけでもなく、大切なのは値段に見合った授業内容であることです。予算や目的に合った英語塾であるかどうかがポイントとなります。

ポイント6 中途解約をした場合は解約金がかかるかどうか

万が一、通い始めてから途中で解約したいと思った場合、支払ったお金が戻ってくるかどうかも確認しておきましょう。

英語塾は契約期間が2か月以上で総額が5万円以上のケースであればクーリングオフが適用されます。

また、契約後8日間であれば無条件でクーリングオフが可能です。(特定商取引法及び消費者契約法で定められています) ただ、英語塾によっては契約内容に解約金がかかる旨を記載している所もあるでしょう。そのため、契約時には内容をよく確認しておくべきだといえます。

以上、失敗しない英語塾の選び方ポイントでした。東京都内で英語塾を探している方は、ぜひ参考にしてください。

大学受験生のお悩みにお答え!
PAGETOP