志望校合格には苦手科目の強化が必須!

苦手科目イメージ画像

志望大学に合格するには、苦手科目の克服・強化が必須です。数点の差で合否が決まってしまう受験では、点数を大幅に落としてしまう科目があるとライバルと差がついてしまいます。

得意科目を伸ばすのはとても良いことですが、点数の上限が決まっている以上、1科目のみでなく複数の科目を強化しましょう。

ちなみに、日本の高校生の6割が「英語が嫌い」というアンケート結果があり、苦手科目としてよく挙がる科目は「英語」のようです。

質問に答えてあなたに合った大学受験の塾を診断!

診断START!

予備校・専門塾・ダブルスクールの違い

大学受験のための塾に、予備校・専門塾があります。最近では、専門塾で苦手科目を強化し、全体の強化は予備校という、ダブルスクールという考え方も一般的になっています。

3つの選択肢のメリット・デメリット・どんな人に向いているかを見てみましょう。

  メリット デメリット 向いている人
  • 予備校

大学入試に特化した勉強法・カリキュラム。有名大学向けの専門コースがあるところも多く、効率的に学べる。

  • 入試問題に近い内容で学べる。
  • 最新の入試情報・大学情報が手に入りやすい。
  • 設備やサービスが充実している。
  • 集団講義形式をとっている予備校が多いので、一度わからなくなるとついていけなくなる。
  • 自分に合ったスピードで受講ができない
  • ある程度学校の授業にもついていける平均的な学力のある人。
  • 大勢のライバルたちの中で勉強するとやる気が出る人に向く。
  • 専門塾

英語・数学・国語など、一つの教科を専門に教えてくれる塾。個別指導や少人数ゼミ形式をとっているところが多い。

  • 1人1人の理解度に合わせて基礎からでも教えてもらえる。
  • 必要な教科だけをピンポイントで学べる。
  • 少人数制をとっている塾が多く、大勢の中で試験を受ける感覚を養えない。
  • 大手予備校のような充実した設備はないところも。
  • 苦手な科目を基礎からしっかり学びなおしたい人。
  • 大手予備校で挫折してしまった経験のある人。
  • 個別指導のほうがやる気が出る人。
  • ダブルスクール

自分の苦手・嫌いな教科だけを専門塾で基礎から徹底的に学び、その他の教科は予備校で学ぶダブルスクール。

  • 個別指導が必要な教科は予備校ではフォローしきれないが、苦手教科だけ専門塾で学ぶ形なら両者のいいとこ取りができる。
  • スケジュールのやりくりが大変。
  • 2つの塾に通うことになるため、学費が高くついてしまう。
  • 自分の学力を総合的にアップさせたい人。
  • 現時点の自分の学力では難しいと言われる大学へどうしても進学したい人。

自分に合った塾をタイプ別で探そう!

大学受験生お悩み一問一答

同じように悩み、乗り越えてきた先輩受験生のQ&Aには、受験を乗り切るヒントが隠されているかもしれません。受験生の悩みを少しのぞいてみましょう。

  • 今はまだ高校1年生ですが、そろそろ大学受験について考えています。準備は何からはじめたらいいですか?
  • 大学へ行くと決めたら、まずは志望校を選ぶところからスタートです。順序としては、将来なりたい職業を考える→それはどのような分野の学問にあたるのか、どの学部で学べるのか→希望学部のある大学の中から志望校を決定、という流れが一般的です。
  • 大学受験に合格するためには絶対予備校に行かなければいけませんか?
  • 予備校や塾に行かなければ合格できない、というわけではありませんが、早慶などの難関と言われる大学へ進学を希望しているのであれば、専門塾で受験対策した方が効率はいいでしょう。自分に合った塾・予備校を選ぶことが重要です。

Q&Aをもっと見る

受験でも就職でも必要な英語

大学受験の合否を決めるのは「英語」であることが多いです。なぜなら、多くの受験生が英語を苦手としていて、できる人との間に大きな差ができるからです。

受験においては、英語はキー教科として誰もが強化しておくべき最重要科目と考えて間違いありません。

また、グローバル社会の今、受験後の大学生活、さらに就職時・転職時にも英語は都度必要になってきます。

人生で一番勉強するこの時期に、英語の基礎力を身につけておくと、あとが楽です。

英語学習が大学合格のカギとなるワケ

英語は、センター試験での配点が大きく、さらに一般入試では国・私、文・理問わず受験科目として挙がってくるなど、大学入試の中で最もウェイトを割かなければいけない教科です。

各ページで詳しく紹介していきます。

【免責事項】
このサイトは、個人が調べた情報を基に作成しています。
最新情報は必ず各公式HPをご参照ください。
PAGETOP